2009年02月21日

美容室と家のカラーでは、こんなに違う!!

美容室

横浜市内の美容室『デイジーヒル』の安西さんです。

駅のすぐ裏なのに、閑静な住宅街という環境の美容室です。
安西さんは、独立する前、修行?時代からの「ミコノス」のスペシャリストです。

さて、今回は「カラーリングカップ」についてお話を聞かせてもらいました。

・カップを何で温めていますか
500Wの電子レンジで90秒温めて使用
ホットBOXで温める時は、事前に10〜15分くらい前にBOXヘ投入

・使用用途としては
ストレートの時、薬剤を温めてから使用
カラーリングの際

・使った感想
薬剤をお客さまに塗布する時「冷たいだろうな..」と思っていたので、心苦しくない
カップ自体に重みがあるので、ハケで薬剤を取る時、カップが動かないのが良い
カップ自体に高さがあるので、とても使いやすい
カップの中に凹凸があれば薬剤がもっと混ざりやすいと思う

・お客さまの反応
お客さまが喜んでくれると思い購入しました。
冷たさを我慢しなくてすむので、お客さまも楽そうです。

お客様には、評判が良いようですね(^^)
カラー剤を暖かくしてから塗布する!というのは、サロンさんの「お客様への気配り」が出ていますね。
ご紹介出来て良かったです。


さて、先日テレビでですが、こんな不景気なのに売れている物がある!って言っていたのです!
実は「家で使うカラー剤」が売れているとの事です。
これは、美容室にとっては死活問題だと思うのですが、家では出来ないカラーを提案していけば、全く問題が無いと考えています。

例えば、ミコノスの「サプリカラー」
これは、髪のボリュームをコントロールしながらカラーをする施術で、絶対に家では、出来ません。
それから「髪の損傷」の部分でも美容室とホームカラーでは、全然違うと思います。
ホームカラーの場合、素人が塗る訳なんで「染まりやすい」強い薬剤が使われています。
強いと言う事は「単純に傷みやすい」んですね。確かに「家でカラー」をしてくるお客様は、髪がボロボロになっている人が多いと聞きます。

まあ、美容室でも、ボロボロにしちゃう所!とか魔法のお水で傷まない!とかテカテカに油でツヤを出す!とか仕上げにアイロンで誤魔化す!とか悪質な所もあるようですが、、、。


健康毛の定義とは?

「髪の毛のバランス」

●アミノ バランス
●アクア バランス
●イオン バランス
●P.H バランス

髪の毛に膜を張ってキレイに見せるのは、偽りのお仕事です。
お客様の髪の毛を大切に考える事が、お客様の信頼を得られる一番の近道だと思います。

驚異的なミコノストリートメントをご体感頂くには、行きつけの美容室で「ミコノストリートメントシステム 」と、ご用命下さい。

ミコノスについてのお問合せ、講習依頼は、
(株)パナックス 豊田   
http://www.panax.to
TEL 045ー754ー1500
までご連絡をお待ちしております(*^_^*)

極上理美容室検索サイト[PANAX SEARCH]

登録無料、理美容室、受付中です。

posted by ミコノス アミセラピー 株式会社 パナックス PANAX  at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27013620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック